• HOME > 白髪の原因と予防方法

白髪の原因は?予防方法は?

 年齢を重ねると誰しもが経験する白髪の悩み。

「歳を取ったから仕方ない」と思っていませんか?

 そもそも白髪の原因って一体何なのでしょう。
そんな白髪のメカニズムについて触れていきます。

白髪は年齢や遺伝だけじゃない

 白髪が出来る要因が、遺伝や年齢だけだと思っている方が非常に多くいます。
でも本当は、それだけじゃなかったんです。

 一般的に白髪が気になり始めるのは、30代を過ぎてから。
皆さんも身に覚えがあるかもしれません。

 でも、40歳、50歳になっても髪が黒々している方、あなたの周りにいませんか?

 もちろん、白髪染めで黒くしている訳ではありませんよ。
自然な状態で髪が黒くて艶があるのです。

 これほどの個人差が出るのはなぜでしょう。

 白髪が出来る原因には以下のような事が挙げられます。

・加齢

・遺伝や病気

・食生活

・疲労度合いやストレス

・外的要因

 遺伝による若白髪などは難しいところがありますが、それ以外は毎日の生活を改善する事によって変えられそうです。

 そうなんです。

 たくさんの方が「年を取ったから・・」と思っていた白髪の原因が、自分の生活如何で変わるんです。

髪は元々白髪だった

 健康な黒髪が出来るまでの過程があります。

 毛穴の中にある毛根の下部に、髪の毛を作る毛母細胞があります。
この毛母細胞の中心には「毛乳頭」という、髪の元になる栄養素を血液から受け取り、周りの毛母細胞に分裂を指示する部分があります。

 この毛母細胞で髪が作られる訳ですが、この細胞群とは別に色素細胞(メラノサイト)がバルジ領域内(毛母細胞の上部)にあります。

 そして毛母細胞は、色素細胞から黒髪の元になる「メラニン色素」を受け取り髪を黒くしています。

 つまり、毛母細胞が作る髪はもともと色素の無い白髪なのです。

 白髪を予防・改善するには、このメラノサイトで作られるメラニン色素が重要になってきます。

 ちなみに色素細胞には、元となる色素幹細胞があり、この色素幹細胞は毛包幹細胞に依存しているそうです。
 毛包幹細胞は毛母細胞の供給源となる部分です。

 ちょっと難しい話になってしまいましたが、分かりやすく言うと、髪の毛は元々白髪であり、メラノサイトがうまく機能しないと白髪のまま育ってしまう。
 そしてメラノサイトは、髪を育てる毛包幹細胞に依存しているということ。

 ここから言える事は、抜け毛や薄毛の悩みはそのまま白髪の悩みに直結するということです。

すべての髪の悩みは頭皮環境を改善することが大切

 白髪を改善する事って抜け毛や薄毛を改善することなんです。

 そのために大事な事は、「ストレスを溜めない」「体をゆっくり休めて疲れを溜め込まない」「食事の栄養バランスを整える」「血行を良くする」といった、体の健康管理でも大切な事が白髪にも同じように大切なのです。

 血行を促進するために適度な運動をしたり偏った食事をしない、睡眠不足や体の酷使に気を付けて正しい生活を心掛けていけば、白髪の悩み改善にも期待できます。

サイトMENU
おすすめシャンプー

脱け毛や薄毛、白髪の悩みを解消する女性にも男性にも人気のアミノ酸系シャンプー。
haru(ハル)黒髪スカルププロは白髪を染めずに黒くする話題の成分配合。
↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓

haru黒髪スカルププロ